投稿

熱中症の原因と症状

こんばんは! 7月に入り、本格的な暑さとなってきました。 今回は熱中症の原因と症状についてお話したいと思います。
・熱中症の原因について
熱中症とは、暑さによって体温調節機能が乱れたり、 体内の水分・電解質のバランスが崩れることが原因で起こる、 めまいや頭痛、けいれん、意識障害などの症状をまとめて「熱中症」といいます。 大きな原因として『環境』と『身体』の2種類に分けれられます。
『環境』:気温・湿度が高い、風が弱い、日差しが強いなど 『身体』:激しい運動による熱産生、寝不足や疲れ、病気などで体調がよくない状態
この2つの要因が重なった時に熱中症が起こりやすいと言われています。 また、季節については7月〜8月の最高気温が高くなった日や熱帯夜が続く日、梅雨時の 晴れ間や梅雨明けで気温が高くなった時に熱中症が起こりやすくなると言われています。 いずれも暑さに身体が慣れておらず、身体の中の熱をうまく放出できないために起きてしまいます。
また、高齢者や乳幼児、基礎疾患を持っている方は特に注意が必要です。 高齢者や乳幼児は体温調節機構の衰えや未発達により、体内に熱が篭りやすい状態にあります。 また暑さを自覚しにくいため、熱中症のリスクが高いと言われています。 子供の場合は大人と比べて身長が低いため、地面からの照り返しによる熱の影響を受けやすいです。
基礎疾患を持っている方については薬の種類によっては発汗を抑制する作用がある薬があり、
熱中症のリスクとなりうるので注意が必要です。 ※抗コリン作用を持つ薬剤(鎮痙薬、頻尿・過活動膀胱治療薬、パーキンソン病薬など)、利尿薬・向精神病薬など
・熱中症の症状と分類熱中症の症状については以下のように分類されます。
分類重症度症状原因I度軽症
現場の応急処置で対応できる目眩・失神(熱失神)皮膚血管の拡張により血圧が低下
して脳血流が減少して起こる足・腕・腹部の筋肉の
痛みを伴う痙攣(熱痙攣)大量の発汗により、血液中の
ナトリウム濃度が低下して起こるII度中程度
病院への搬送を必要とする頭痛・嘔吐
倦怠感・虚脱感(熱疲労)大量の発汗により、水分補給が
追いつかず、脱水状態となり起こるⅢ度重症
高体温・意識障害

第2回日本在宅医療連合学会大会に参加しました!

イメージ
こんにちは!
座間店の三森です。

6月27日、28日と第2回日本在宅医療連合学会大会が開催されました。
今回大会はコロナウイルス感染症防止のため、
初めてのWEB開催となりました。 自宅のPCから参加する形で、
zoomを用いてシンポジウムを視聴しました。
WEB開催となった大会でしたが、前回と同様、
たくさんの先生方が参加され、とても活気ある大会となりました。

「薬剤師の在宅訪問管理指導について考える〜処方の適正化から薬物治療の適正化に向けて〜」と題して
薬剤師のシンポジウムも開かれました。

薬剤師が地域の一員として活動するためにはまず、地域の患者さんや多職種から
「信頼できるな」と感じてもらえるようにならなければいけないなと強く思いました。
またそうなれるように努力を続けてきたいと思いました。

今大会では私もポスター発表をさせていただきました。
ポスター発表ではコメント機能を利用して他の薬局の先生方から質問をいただき、大変勉強となりました。

薬剤師に限らず、コツコツと日々勉強していくことが大事ですね!
これからも学会や地域の勉強会に積極的に参加していきたいと思います!

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

イメージ
気温も高くなってきたため、
熱中症に注意が必要な季節となりました。
厚生労働省より「新しい生活様式」における
熱中症予防行動のポイントが紹介されています。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために ①身体距離の確保、②マスクの着用、③こまめな手洗い、
④「3密(密閉、密接、密集)」の回避を心がけることは大切ですが、
熱中症予防のために以下の事にも注意することが必要です。
1、マスクの着用 マスクの着用は飛沫の拡散予防に有効ですが、
マスク着用により心拍数や呼吸数の増加、
体温の上昇等身体へ負担がかかってしまいます。
高温、多湿など熱中症のリスクが高くなる
環境下では、屋外で人ととの十分な距離が確保できる
場所ではマスクを外すようにしましょう。
2、室内温度の調節 感染予防のための室内換気は重要ですが、室内温度の上昇により 熱中症リスクが高まる可能性があります。 暑い日や時間帯はエアコンを利用し、部屋の温度を調節しましょう。
3、小まめな水分補給 喉が乾く前に水分補給を行いましょう。 1日あたり1.2L(目安としてコップ6杯程)を目安に水分を摂りましょう。 また、汗をかいた後には塩分補給も重要です。
(※塩分・水分制限を受けている人は医療従事者の指示に従いましょう。)

厚生労働省HPにて案内が出ています。 感染予防とともに、これからの季節は熱中症にも注意して生活を送りましょう。
[厚生労働省 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント] https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000642298.pdf

自己紹介

イメージ
神奈川県の座間市にあるタカノ薬局で勤務している薬局薬剤師3年目の三森皐介です。

2018年に大学を卒業し、
新入社員としてタカノ薬局に入職しました。
 早いもので、薬剤師となって3年が経ちました。
 現在は薬剤師による訪問業務にも携わっています。
漢方や栄養の分野にも興味があり、患者さんに対して薬だけでなく、
日々の生活のアドバイスもできるように日々勉強中です。 
このBlogでは日々の出来事や地域の皆さんに役立つ情報、薬剤師の目線から見た
季節のトピックスについて情報発信できたらいいなと考えています。 

 ブログ初心者のため、拙い文章になってしまう事もあるかもしれませんが、
 よろしくお願い致します。